蝉フィクション

宝くじ1億円当てた男、砂吹(偽名)。彼に誘われた見ず知らずの4人の共同生活 in London. リアルタイム小説&ガイドブックの折衷案。

第55話「ロンドン、フィッシュマーケット Poplar駅からの行き方」

 

ンドンの築地!そろそろお刺身や
焼き魚が恋しいのではないでしょうか。
スーパーでは買えない新鮮な魚やムール
貝が驚きの安さで!まずは行き方編。

 

f:id:olm-h:20170705074604j:plain

作家志望、24歳、イギリス14ヶ月目

 

f:id:olm-h:20190114203428j:plainポーランドからイギリスに戻った私たち。

「正月は魚だろ!刺身だろ!」という砂吹の言葉でフィッシュマーケットへ。

 

goo.gl

 

f:id:olm-h:20190114203444j:plain

ロンドンの築地。Billingsgate Market

DLR の Poplar駅から徒歩5分なんだけど、

Googleマップを見ながらでも少し迷ったので、行き方を説明。

 

f:id:olm-h:20190114203532j:plainPoplar駅の改札。

オイスターカードのタッチを忘れずに。

ここをまず左へ。

ちなみに朝の6時。 

 

f:id:olm-h:20190114203529j:plain突き当たりの階段、もしくはエレベーターを下りたらBlackwall駅方向へ。 

 

f:id:olm-h:20190114203523j:plain工事中、この細い歩道をひたすらまっすぐ。 

 

f:id:olm-h:20190114203518j:plain横断歩道を渡って、さらに道なりにまっすぐ。 

 

f:id:olm-h:20190114203509j:plainこの辺から右側の柵に注意して進むと 

 

f:id:olm-h:20190114203503j:plainこのような扉がひっそりとあるのでそこから中へ。

時々ガードマンのような人も立ってます。 

 f:id:olm-h:20190114203455j:plainこの歩行者マークの歩道を更に歩いていくと

 

f:id:olm-h:20190114203450j:plainこの黄色い階段があるのでのぼり中へ。

 

f:id:olm-h:20190114203443j:plainこの辺からはどこからでもマーケットに入れます。

クリスマスだからツリーの姿も。

魚の生臭さと綺麗なイルミネーションとは、絶妙。

というか妙。

 

f:id:olm-h:20190114203354j:plain中は広い!いきなり大きなロブスター!

写真が多くなるので、詳細はまた次回。 

 

f:id:olm-h:20190114203503j:plain で、帰りもちょっと問題だったのですよ。

この扉が閉まっていて、ガードマンもいなくなってる。

押しても引いても開かない。なんでなんで。

すると車で来てた他のお客さんが、教えてくれました。 

 

f:id:olm-h:20190114203547j:plain

 

なんと、中の黄色の柵沿い、こじんまりとこんなボタンが。

なぜ緑なんだキミ! 目立つように赤とかにしなさい!

クリスマスだから?

いや赤でもクリスマスだよ。

 

 

そんなわけで、夜が長いロンドンでは見つけづらいボタンと行き方の説明でした。

寒いところで、なるべく止まりたくない人へ。(まさにわたし)

 

 

次回はフィッシュマーケットの詳細と、サーモン刺が新鮮な2つのお店をご紹介。

たまには人の役に立つと決めた2019。

 

 

 

 

 

【お知らせ】

当ブログ「蝉フィクション」は、ランキングに参加し始めました。

下の赤い車のボタンを押して頂けると、喜びます。

どうか宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ