蝉フィクション

宝くじ1億円当てた男、砂吹(偽名)。彼に誘われた見ず知らずの4人の共同生活 in London. リアルタイム小説&ガイドブックの折衷案。

第37話「映画制作クルーが、ロンドンの青年をイケメンに変身させる」

 

人島から帰って来たようなワーホ
リ先輩。髪も髭も伸び放題の彼を、う
ちの映画クルーたちの手により変身さ
せる。ヘアメイクとカメラマンの底力。

 

f:id:olm-h:20170705074604j:plain

 作家志望、24歳、イギリス10ヶ月目

 

 

 

 

f:id:olm-h:20180316024614j:plain



 

 

朝早くから、砂吹がダイニングで何やら準備をしていた。

 

大きな姿見が用意され、いつもトースターやケトルが置かれている場所には、ドライヤーやヘアアイロンがセットされている。

 

即席の美容室のように見える。

 

 

 

 

「誰か来るの?」

 

決まってんだろ、と忙しない返事が返ってくる。

 

「岩堀先輩だよ」

 

誰、と私は思う。

 

 

 

 

ミムラさんと広末くんも二階からおりてきたので、私は紅茶を淹れる。

 

砂吹が、これでもかと角砂糖を入れながら話し始める。

 

「人が美意識に目覚める時は、一体いつだと思う。引きこもりが外に出るのは、何がきっかけだと思う」

 

突然、何の話? そう訊ねようと思った時に、ミムラさんも負けじと角砂糖を入れ出したから驚いた。飽和水溶液、という理科の用語を思い出す。紅茶に、そんなに砂糖が溶けるものなのか。

 

 

 

 

「人に変化がある時、たいてい周りは関係ない。彼らは周囲の言葉に耳を貸したり、本の名言に影響されたりしない」

 

「じゃあ、どうやって人は、変わるの」

 

ミムラさんの言葉に、砂吹は待ってましたとばかりに人差し指をたてた。

 

「飽きた時だ」

 

 

 

 

「引きこもりることに飽きた時、人は外に出る。だから周りは、いつまでそうしているのかと責めるよりも、黙って見守ってる方が得策だ。美意識も一緒だ。人に言われたところで、人間変わろうとは思わない。鏡をふと見た時に、自分はイケテナイと思って初めて、人は動き出す」

 

砂吹とミムラさんが、濃いクリーム色の紅茶を気付けの一杯のように一気に飲み干す。

 

「咳をしても一人、死ぬ時も一人。いくら周りが慰めようと関係ない。倒れた人間が起き上がる時は、結局一人だ」

 

その時にインターホンが鳴った。

 ミムラさんがドアを開けに行く。入って来たのは、一人の男性だった。

 

 

 

 

 

 

f:id:olm-h:20180309214619j:plain

 

 

「諸君、かかれ!」

 

砂吹の号令に、その男性は挨拶をすることも許されず椅子に座らされた。クロスがかけられる。

 

ミムラさんが、はさみを取り出す。

 

そして、相手の注文を聞くこともなく、髪をバッサバッサと切り始めた。

 

 

 

 

広末くんの話では、今日はこの男の人を変身させる企画らしい。

 

ミムラさんが彼のカットとヘアスタイリングをし、砂吹が衣裳を選ぶ。

 

そして、広末くんのカメラで撮影する、という流れらしい。

 

私だけ何もできずに仲間はずれじゃないか、と思いながらも、ミムラさんがカットする度に響くハサミの子気味良い金属音に、耳を傾ける。

 

 

 

 

小一時間でカットが終わった。

私は、おおと声を上げる。

髪型って、大事なのだなと思う。

結構、いや、かなり変わるものだ。

 

 

 

 

次は衣裳だ、と砂吹が言い、私たちはブリックレーンにやってきた。

 

古着を買うつもりなのだろうか。

 

砂吹は、手際よくインナーとアウター、パンツを手にし、値段も訊かずに買っている。

 

「おい、こけし娘。メガネが必要だ。探してこい」

 

 

 

 

こけし娘、とは私のことだ。黒く重めの前髪をバカにして砂吹はそう呼ぶ。

 

私も、ミムラさんに切ってもらおうかな。

 

砂吹と会った当初は、奴隷に命ずるかのような口調が気に食わなかった。しかし今は、暇そうな私に仕事をくれたのだと思う。

 

メガネを探しに行く。

 

 

 

 

すべての衣裳を着せてみたところで、彼を囲むように見る。

 

いいじゃないか、かっこいいよ、とみんなが声を上げる。

 

仕上げに、広末くんが撮影をした。

 

ほんの10分ほどで撮った彼の写真を見ようと、皆がカメラのモニターに顔を寄せる。

 

 

 

 

 

 

f:id:olm-h:20180316025453j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015240j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015304j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015307j:plain

 

f:id:olm-h:20180319094600j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015324j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015318j:plain

 

f:id:olm-h:20180316015119j:plain

 

 

 

 

 本人は、不思議そうな顔で写真を見つめていた。

さすがに、自分でかっこいいとまでは言わなかったが

まんざらでもなさそうであることはたしかだ。

 

「岩堀くん!とてもかっこいいじゃないか!メガネのCMいけるぞ」

 

たしかに、先程とは別人のようだ。

 

砂吹の言葉に、「誰、岩堀くんて。ワーホリ先輩じゃなかったの」とミムラさんが訊ねる。

 

砂吹はそれには答えようとしない。

 

「今日のカットや衣裳代はもちろん無料だ。もし、この髪型が気に入ったら、またミムラが髪を切ってくれる。その時は£10握りしめてやってこい」

 

 

 

 

すると砂吹は私達の方を振り返り、声をひそめてこんなことを言った。

 

ミムラによると、この髪型が完全に崩れるのは1ヶ月半後。彼は、£10握りしめて現れると思うか?」

 

そこまでが検証だ、と言った。

 

「あれだけ自分に興味のなかった彼に今日、美意識が芽生えていれば、彼はきっとやってくる」

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

当ブログ「蝉フィクション」は、ランキングに参加し始めました。

下の、赤い電話ボックスボタンを押して頂けると、喜びます。

どうか宜しくお願い致します。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ