蝉フィクション

宝くじ1億円当てた男、砂吹(偽名)。彼に誘われた見ず知らずの4人の共同生活 in London. リアルタイム小説&ガイドブックの折衷案。

蝉フィクション

第9話「ロンドンで£7.65で極上ハンバーガーとビールが飲めるpub」

緊急避難時にも、ビールグラスを持って逃げるイギリス人男性がニュースで話題になった。それほどロンドンのビールは高い。オススメ良心的価格の英国pub 普通のブログは書くなと、砂吹は常日頃言っている。 砂吹とは、私がロンドンで執筆をするための、実質上…

第8話「自分勝手な男が思う、自分勝手な他人の行動」

記憶を一切忘れられない病気のせいで、亡くなった妻の苦い思い出が生々しく蘇る。笑顔を強いてしまったことを後悔して、リビングの写真をしまった矢先… olm-h.hateblo.jp 最初に会った時から、不思議な青年だということは分かっていた。 彼の英語はめちゃく…

第7話「良かれと思って笑顔の搾取」

空き家に日本人の男女が越してきた。ボーイは個性的だ。毎日勝手にやってきて、ひとり日本茶を飲んでいる。そして老人の戯言に耳を傾けてくれる。 olm-h.hateblo.jp 彼が肩を抱くようにしてくれたおかげで、少し落ち着くことができた。 ゆっくりと、話してみ…

第6話「史上最短の戦争。40分でも多くの犠牲者が出る」

物事が1つも忘れられない病を患う年老いた大家、ヘム。日付だけでその日が何曜日で、何時に起き、朝食に何を食べ、誰と会ったかを記憶している。 olm-h.hateblo.jp 「じいさん、来たぞー」 インターホンはあったが、外から大声で呼びかけることにしている。…

第5話「3泊4日の旅行は頑張れるのになぜ人生は頑張れないのか」

人生が3泊4日の旅行なら頑張れる。毎日、何をすればいいかが明確で、短いな、なんて考える暇もなく、精一杯やって死んでいく。そう、蝉みたいに。 ひとつ誤算があったとすれば、三井咲という女が、意外に英語が話せることだ。 アジア旅行なら何度も行ってい…

第4話「Oyster Card、結局どうしたら安く済むのか2017」

olm-h.hateblo.jp オイスターカードは、東京でいうスイカ、パスモです。 ロンドンにおいて、家賃よりも食品よりも厄介でどうにもできない高額な出費、それが交通費です。 オイスターカードのルールは複雑に入り組んでいて、それぞれのライフスタイルによって…

第3話「1億持ってて、エコノミーに乗る男」

このままじゃダメだということは分かていた。 このままじゃダメだという事以外、何も分からなかった。考えるのはもうやめだ。走りながら考える事にする。 「ねえ、砂吹は、スナフキンがすきなの?」 「好きなわけないだろう。おれが一番嫌いなものを教えてや…

第2話「犯罪のにおい。はじめての偽名、決めました」

残された日本生活。お寿司を食べて桜を見て、友達に会って……日本にあってイギリスにないものはなんだろう。とりあえず、ふやけるまで湯船につかろう。 olm-h.hateblo.jp 「えーやめなよ、そんなわけわかんない人についてくの」 「だいたいあんたは昔っから突…

第1話「1億円が当たった男と英国生活はじめます」

今すぐ偽名を考えろ。見ず知らずの男がそう言った。平穏な生活から一転、イギリスでの奇妙な共同生活が始まる。1億持った、不躾で陰険なこの男との。 当たったその日から、一般庶民どもがどんな行動をとるか教えてやろう。 まず、なけなしの金で、何十万もす…

あらすじ

2017年5月10日より始まったロンドンでの謎の共同生活。 三井 咲(Saki Mitsui) このブログの管理人で作家志望。砂吹に誘われ、ロンドンで執筆活動をすることに。 起きたことすべてを三人称他視点で書くことが今の仕事。 砂吹 諒(Ryo Sunafuki) 歯に衣着せ…