蝉フィクション

宝くじ1億円当てた男、砂吹(偽名)。彼に誘われた見ず知らずの4人の共同生活 in London. リアルタイム小説&ガイドブックの折衷案。

第53話「クラシックとは無縁の人生だけどショパン博物館は楽しめた!」

 

ルコ行進曲が好き!という人に「
どっちの?」と訊き返すだけでそれっぽ
い!と気が付いたのは中学生。ちなみに
私はベートーベンよりモーツァルト派。

 

f:id:olm-h:20170705074604j:plain
作家志望、24歳、イギリス14ヶ月目

 

 

行く前に、「ショパンってどんなのだっけ」という方へ。

ポーランドショパン博物館までの道中、

これを聞けばなんとなく分かった気になります。

おかげで2.5倍くらい楽しめました。(気のせいかも)

 

youtu.be

 

 

f:id:olm-h:20190112135301j:plain

入ってすぐ。

ショパンというよりはコペルニクスを思わせるような豪奢なつくり。

……言いたいだけの砂吹の性格がうつってきている気がする。

ちなみにコペルニクスポーランドの出身。

 

 

f:id:olm-h:20190112135305j:plain

床に描かれている地図もかっこいい。

先日行ったクラクフの名前も。

 

f:id:olm-h:20190112135344j:plain

入場券を買うとチケットの代わりに渡されるのがこれ。

魔法のカード。

これがあらゆる場所で役に立つ。

 

f:id:olm-h:20190112135340j:plain

至るところにある小さなブース。

 

f:id:olm-h:20190112135311j:plain

そのブースの中。

この赤い光スポットにカードをかざすと、なんと音楽が流れ始め、画面で説明がはじまる。

 

f:id:olm-h:20190112135320j:plain

 

f:id:olm-h:20190112135318j:plain

ブースの中からの景色。ガラスの壁がかわいい。

 

f:id:olm-h:20190112135331j:plain

ショパンはこんな人。

 

f:id:olm-h:20190112135308j:plain

 

f:id:olm-h:20190112135336j:plain

 

f:id:olm-h:20190112135359j:plain

 

f:id:olm-h:20190112135342j:plain

 

f:id:olm-h:20190112135355j:plain

ヘッドフォンで周りを気にせず良い音が楽しめる。

 

f:id:olm-h:20190112135347j:plain

トラックもたくさん選べる。

 

f:id:olm-h:20190112135403j:plain

反射してちょっとこわい。

 

f:id:olm-h:20190112135409j:plain

手書きで赤がたくさん入ってる。

 

f:id:olm-h:20190112135414j:plain

一番驚いた仕掛けがここ。

この謎の宇宙人的存在。そしてその足元の光る場所には、

 

f:id:olm-h:20190112135456j:plain

曲名のようなものが書かれていて、

 

f:id:olm-h:20190112135417j:plain

引き出しを開けると、なんと音楽が流れ始める。

 

f:id:olm-h:20190112135417j:plain

f:id:olm-h:20190112135445j:plain

宇宙人の正体は高音質のスピーカーだった。

 

f:id:olm-h:20190112135449j:plain

手書きの楽譜。

 

f:id:olm-h:20190112135448j:plain

直してあるのが本物っぽい。

 

f:id:olm-h:20190112135451j:plain

「ちがうんだよ」と頭をかきむしるショパンの様子が目に浮かぶよう。(浮かんでいない)

 

 

 

 

f:id:olm-h:20190112135511j:plain

 

建物もとても立派で、にわかクラシックファンの私たちでも、アトラクション満載で十分に楽しめました。

 

ちなみにチケットオフィスは右側に写っているところ。入る前にお買い求めを。

 

思ったよりも楽しくて、出た頃にはすっかり夜になっていた。

 

ああ、お腹空いた!



olm-h.hateblo.jp

 

 

 

 

 

【お知らせ】

当ブログ「蝉フィクション」は、ランキングに参加し始めました。

下の、赤い車ボタンを押して頂けると、喜びます。

どうか宜しくお願い致します。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ